新築工事を計画中の現場から・・・解体工事が終わり、地盤調査を行いました。

現場の写真をご紹介しながら、地盤についてお話しますね♪

 

◆強固な地盤が不可欠

地震に強い家を建てるために、耐震性に優れた構造にすることはもちろんですが、同じくらい重要なのが「地盤」です。そのために、建築する前に地盤調査を行い、地盤が軟弱だと地盤改良工事を行う必要があります。

 

◆地盤調査で見極める

今回は「スウェーデン式サウンディング試験」という方式で行いました。
こんな機械を使います↓
IMG_5087

重りをのせたロッド(鉄の棒)を垂直に突き刺します。

IMG_5093

回転させながら貫入させ、その沈み方から地盤の硬軟や締まり具合を調査します。ロッドがスムーズに沈んだ場合は地盤が弱いと判断し、逆に沈みにくかった場合は地盤が固いと判断します。

IMG_5092

◆スウェーデン式サウンディング試験で徹底解析!

ロッドに5kgの荷重をかけ、スクリューポイントが地盤に沈むか確認し、沈んだ場合、加重と貫入した距離を記録します。沈まない場合は、5kg15kg25kg50kg75kg100kg、と徐々に荷重を追加し、貫入しない場合はロッドを回転させ、25cm貫入させるのに要する半回転数を測定し、地盤の強度(N)を算出します。

調査するポイントは一般的に敷地の4隅と中央の5ポイント、建物の規模や敷地の形状によって測点数が増えることも!

◆地盤を見極めて、地盤改良、安全な家づくり

 地盤が軟弱だという調査結果の場合は、地盤改良を実施。表層改良工事、柱状改良工事、銅管杭改良工事・・・地盤の状態によって、適切な改良工事を選択します。

blog_3_地盤調査

今回は、強い地盤だという調査結果がでたため、改良の必要なし・・・改良に費用がかかるかもしれないという心づもりをしておられたので、改良なしという嬉しい結果になりました~♪
地盤調査結果